指輪

結婚指輪の歴史

海辺

結婚指輪を贈る習慣は、古代ローマ時代(紀元前1世紀頃)に生まれたと言われています。しかし当時のローマでは、お金で妻を買う「売買婚」という形態が一般的だったので、結婚指輪はお金を払った証として花嫁本人ではなく花嫁の父に渡していたそう。愛の証ではなく、売買契約の証が結婚指輪のルーツだというから驚きです。次第に結婚に対する考え方が変わっていき、結婚指輪も永遠の愛を誓うことへの象徴として考えられるようになっていきました。
結婚の証として指輪を身につける習慣は、ローマの貴族を中心に広がっていきました。結婚指輪を交換するという習慣が生まれたのは、11世紀に入ってからのこと。当時は花婿が花嫁に金の指輪を贈り、花嫁は花婿に鉄の指輪を贈っていたそうです。鉄の指輪、というのがローマの戦士たちを思い起こさせますが、結婚指輪は女性のもの、という考え方が長く続いていた日本とは違って、男性が結婚指輪をするのはヨーロッパでは古くからの風習だったのです。
結婚指輪を左手の薬指にはめるのは、血管が心臓と直接つながっていると考えられていたためで、これも古代からの習慣となっています。ヨーロッパでは、カトリックの信者は左手の薬指に結婚指輪をはめるのが一般的ですが、ドイツから北に位置する国々では右手の薬指にはめるようです。

RECENT ARTICLE

  • 海辺

    結婚指輪の歴史

    結婚指輪を贈る習慣は、古代ローマ時代(紀元前1世紀頃)に生まれたと言われています。しかし当時のローマでは、お金で妻を買う「売買婚」という形態が一般的だったので、結婚指輪はお金…

  • 頬にキス

    結婚指輪の意味とは?

    富山で結婚式の日に必ず用意するものといえば、何でしょうか。それは結婚指輪です。富山では結婚指輪にはいったいどのような意味があるのでしょうか。実は結婚指輪はもともとヨーロッパか…

  • キス

    結婚指輪はつけっぱなしでも問題ないのか

    結婚指輪に憧れる富山の女子は多いです。でも、一つのアクセサリーをずっとつけっぱなしにしても大丈夫なのでしょうか。一般に多くの富山の人は、結婚指輪をほとんど外したことが…

Copyright © 2016 富山では結婚指輪を毎日は付けていない人も少なくありません All Rights Reserved.